日本音楽療法学会
第8号 日本音楽療法学会ニュース
第8号INDEXへ戻る
編集後記
学会会則の第2章第2条に掲げられている目的を達成するための事業として、同章第2条の5に「国家資格制度化の推進」が唱えられている。この重要な懸案事項の一つである《制度化の実現》に向けて、関係役員の方々により、音楽療法推進議員連盟との折衝が精力的に続けられていたが、現時点ではまだ十分な準備・整備が整っていない、時期尚早ということで先
送りになりそうな気配が漂い始めた。多くの学会員が期待する国家資格制度化の行く末が案じられる。不安な気持で見守っておられる方も多いのではないかと思う。今後の良い方向への展開が望まれる。
予てより、学会のホームページの不備が問われていたが、この度全面的なリニューアルに踏み切った。専門業者に委託をしてできるだけ良いものにしたいと考えている。このことについては、去る9月5日に行われた第4回学術大会(くらしき)の総会でも承認されたが、その後作業が進みそろそろ形が見えてきた。まだ不十分な点も残っているかと思われるが、今後会員の皆様のご意見を伺いながら、少しずつより良いものへと育てていきたいと願っている。お気付きのことなどがあったら、広報委員会宛にお知らせいただきたい。
年に一度の学術大会を開催するために、多くの方々の大変なご尽力を頂戴している。第4回大会でも学びの多い時間を頂戴した。関係の皆さんに感謝申し上げる。既に第5回大会への取組みが進められていると聞く。会員は、感謝の気持を一杯に保って学会を支えていっていただきたい。無論、各支部の活動に於いてもしかりである。
(広報委員会委員長 遠山文吉)
▲このページのトップへ
10/10  
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。