日本音楽療法学会
第11号 日本音楽療法学会ニュース
第11号INDEXへ戻る
暫定期間終了のお知らせ
日本音楽療法学会認定音楽療法士の資格取得の暫定期間終了に関して
資格認定委員会
冠省、会員の皆様にはご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび本学会の認定音楽療法士の資格認定制度に関して、暫定期間の終了についてのお知らせをいたします。重要なお知らせですので十分ご確認の上、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
はじめに、暫定期間の終了についてのこれまでの経緯をご説明いたします。
1996年(平成8年) に全日本音楽療法連盟は、日本の音楽療法士の認定制度に関して1つの方向を示しました。それは、対象者にとって質の高い、他の領域からも認められる専門性を持った音楽療法の確立を目指して教育カリキュラムおよび認定音楽療法士の制度を作成するということでした。それに基づいて1997年(平成9年) から書類審査による認定を開始し、2001年(平成13年) 4月に日本音楽療法学会が発足した際にこれを受け継ぎ、その後認定審査に面接も導入して今日に至っています。この間、日本の音楽療法の質の確保と内容のさらなる充実のために教育カリキュラムの改正を行い、学術大会開催および講習会等を企画して推進してきました。その経過の中で、音楽大学・専門学校等がこのカリキュラムに沿った教育を開始して、2001年(平成13年) から卒業生を送り出し、本学会の認定音楽療法士(補) の資格認定を得て社会に出て活動しています。
本来、長年の音楽療法実践者が関連領域の研鑽を積むことによって、音楽療法士として認定される従来の認定制度は、当初から将来教育機関の充実および音楽療法の教育システムの定着を待って終了し、教育機関の卒業生を対象にした認定に移行することが想定されていたものでした。したがって、終了の条件が整うまでに要する期間を考慮して当初2003年度(平成15年) までとされていました。その後、ご存知のように国家資格化の懸案や変動する社会の情勢などから、暫定期間をさらに3年延長して現在に至っています。しかし、いつ までも暫定期間延長による認定を継続することは、音楽大学等のカリキュラム教育を経て認定を受ける会員との間に公平さを欠くという問題が生じる危惧があることや、必ずしも暫定期間延長が音楽療法の水準を確実に高めることにはつながらないと考えられます。そこで、資格認定委員会において約1年間検討を重ねた結果、暫定期間終了まで以下のタイムスケジュールで進めていくことを提案し、先の理事会、評議員会でも承認が得られました。今後は本年の総会での承認を経て実施されることとなります。


暫定期間終了までのタイムスケジュール

2006年4月:暫定期間終了の第一次案内
同年8月:総会での承認
同年9月:暫定期間の終了の公示
同年10月:資格取得意思の調査
* (資格取得予定者数の大まかな把握が目的であり、本学会会員であれば、その時点で資格認定申請の基準を満たしていなくても、取得意思の申告は可能。またこの時点 での意思申告がなくても2009年10月の最終申請時までに条件を満たした会員については申請は可能。)
2006年度〜2009年度:従来どおりの資格認定を継続
2009年10月:資格認定申請の最終期限(1000ポイントほかの申請条件を満たしたもの)
2010年10月:前年度の不合格者のみの再申請
2011年3月:最終認定にて暫定期間終了


2011年(平成23年) 3月をもって暫定期間を終了した後は、認定校での専門教育を受けた会員のみを対象として音楽療法士(補) の認定をし、臨床経験を満たした後に音楽療法士認定を行っていきます。また学会は5年ごとの資格更新システムを設定していますので、音楽療法の研鑽を積むための講習会を充実させ、本部学会および支部学会に合わせた講習会を企画・運営を推進していきます。こうしたことが日本の音楽療法の水準を確実に高め、維持し、最終的に対象者にとって質の高い音楽療法を提供することにつながると考えます。何卒ご理解のほどお願いいたします。
今後の学会からのご案内にはよく目をお通しいただくようお願いいたします。
草々
〈補足〉
  • 資格取得の意思を表示した会員は、2009年(平成21年) 10月までに臨床経験、本部学会および支部学会に合わせた講習会などでポイントを取得し、最終審査にそなえてください。
  • 初歩的な知識を学ぶ講習会は、01カリキュラムに準じて教育を行っている音楽療法コースのある大学、専門学校の科目履修として学ぶこともできますのでご検討ください。
  • 暫定期間終了後の救済措置等につきましては現在検討中で す。
▲このページのトップへ
3/9
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。