日本音楽療法学会
第17号 日本音楽療法学会ニュース
第17号INDEXへ戻る
日本音楽療法学会プロジェクト研究
日本音楽療法学会プロジェクト研究について
学術・研究委員会

本学会は、音楽療法に関わる学術研究の振興を目的に、2002年度よりプロジェクト研究の公募・助成を行ってきました。つき ましては、審査基準および申請にさいしての留意事項についてお知らせします。

1) 審査基準
プロジェクト研究は、音楽療法について優れた研究を蓄積し社会的認知を得ることを目的としています。したがって、質 の高い研究であるか否かを審査し適当と考えられた研究に助成金を交付し、その研究成果を公表していただくことになって います。

審査基準は、研究題名・研究の意義・内容・対象と方法・準備状況・倫理的配慮・研究歴および業績・研究経費の8項目 について3段階評価、さらに総合判断として5段階評価を行います。審査委員の総合判断の3点(普通) 以上の研究を審査 対象とし、前述の8項目について検討し、無条件採択あるいは条件付採択を決めるという手順を踏んでいます。

不採択研究の申請者には、評価点(平均値) と審査員からのコメントをつけて結果を連絡しています。

2) 申請にあたっての注意事項
  1. 同じ研究者が複数年応募されることがありますが、委員会で2年連続して採択された場合は助成金を半額とし、3年以 上の連続は採択しないことになっています。これは、なるべく多くの研究者に助成するという趣旨によります。
  2. 申請者および研究協力者全員が本学会員であることが必要です。
  3. 研究成果は、本学会における研究報告および学会誌上の論文発表が義務付けられています。論文は、編集委員会の論文 審査を経てから原著論文として掲載されます。
なお、第30回理事会において、「特別プロジェクト研究」の実施が決まりました。これは、多施設の共同研究として、福祉モ デルの中で音楽療法の効果の評価(エビデンス) を臨床的な立場から科学的に具体的に検証するものです。数年をかけての研究 となり、特別予算を計上して行われます。今後、国家資格推進委員会と連携しながら、実施案を検討する予定です。
2009年度日本音楽療法学会プロジェクト研究の募集
学術・研究委員会

下記の要領で2009年度のプロジェクト研究の募集を行います。
つきましては、これまでの障害、疾病、予防医学、健康増進など医療福祉領域のみならず、音楽学、社会学、文化人類学、哲学、美学など文化研究領域における研究についても積極的な応募をお待ちしています。採択された研究には助成金が交付されます。

1) 応募締切:2009年7月31日

2) 研究領域
  1. 量的研究など実証的研究領域
  2. 質的研究および社会学・哲学・美学などの文化的研究領域
  3. その他
3) 応募方法
所定の研究計画書を事務局に申請し、必要事項を記入のうえ提出してください。
なお、助成金は一研究につき上限100万円とし、会計報告を必要とします。

4) 審査方法
学術・研究委員会において審査し、理事会で採否を決定します。

5) 研究報告
採択された研究は、2011年度大会で最終報告をして頂きます(中間報告は行いません)。
さらに、2011年度中に本学会誌へ、原著論文として投稿することが義務付けられます。

6) 留意事項
  1. 研究遂行にあたっては、科学的実証性を重視し、かつ本学会の倫理綱領を遵守してください。
  2. 申請者および研究協力者の全員が正会員であることが必要です。
  3. 同一の申請者が同時に2件申請することはできません。
  4. 多くの研究者に助成したいので、同一の研究者が2年連続して採択される場合は助成金を半額とし、3年連続は採択されません。
  5. 研究計画書にコピー3部を添えて提出してください。
<申請・応募先>
*研究計画書様式は、日本音楽療法学会事務局までFAX または電話にてご請求ください。

▲このページのトップへ
4/8
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。