日本音楽療法学会
第18号 日本音楽療法学会ニュース
第18号INDEXへ戻る
支部だより 2
東海支部 -近況-
支部長 都築裕治

(1) 支部役員選挙:この10月は東海支部の役員選挙期間となっており、郵送による投票が準備されているところです。投票は10 月31日に締め切られ、12月には新役員(20名の予定) が決定される見通しです(任期:2010/04〜2012/03)。
(2) 支部大会:2010年04月11日(日) に支部大会を開催します。東海支部では支部大会を各県持ち回りとしており、今回は静岡 で行うべく準備をしております。
期日:2010年4月11日(日)
場所:グランシップ静岡(JR 東静岡)
内容(予定):講演、公開実践検討会、研究・実践発表 この大会(支部総会) にて新役員体制に移行します。
(3) 支部紀要:東海支部では、隔年で支部紀要を発行することとしました。上記の支部大会にて第2号をお届けできるよう、担 当委員会にて準備中です。
(4) 学生・音楽療法士(補) への援助:音楽療法の学習を継続して行くことや実践現場の確保に苦労されている学生・音楽療法 士(補) の方々に、支部として何らかの援助ができないものかということが、支部役員会で毎回話題にのぼっています。具 体的に何をどのようにしたらいいのかは模索中です。
近畿支部 -近況-
支部三役会

2010年9月24〜26日に神戸で開催されます第10回日本音楽療法学会学術大会の準備を進めています。大会テーマは「いのちに 寄り添い、こころをつなぐ〜音楽療法の原点と課題〜」です。国家資格化の実現を目標に掲げ、震災復興に音楽療法を導入して いる兵庫県との共催など第10回の記念大会に相応しい企画を考案中です。また、自由研究発表に加えて課題研究テーマに基づく 研究発表を公募する予定です。多数の会員の皆様のお越しをお待ちしています。
支部の総力を挙げて全国大会の準備をしていますので、今年度の近畿学術大会は開催せず、講習会のみ行うことになっていま す。講習会は2010年3月27日(土) に和歌山大学にて開催されます。詳細は近日中に近畿支部ホームページに掲載いたしますの でご覧ください。(近畿支部ホームページhttp://www.jmtak.com)
近畿支部では2002年より『近畿音楽療法学会誌』を毎年発行し、2006年からは近畿支部会員全員に配布しています。原著論文 や事例研究のほかに近畿学術大会における講演や講習内容、また支部活動記録などを掲載した学会誌で、今年度も12月に発行予 定です。購読をご希望の方は近畿支部事務局(jmtak@guitar.ocn.ne.jp) までお問い合わせください。
中国支部 -近況-
支部長 武田千代美

中国支部は、去る5月30、31日の両日、広島文教女子大学において、第9回中国支部大会および第14回支部講習会を開催いた しました。基調講演に柏木哲夫先生をお迎えし、「ケアの本質」と題してご講演いただきました。緩和ケアの第一人者でいらっ しゃる先生のご講演から、緩和ケアの領域だけにとどまらず、いろいろな領域で活動する音楽療法士として、自分のあり方を見 つめ直すよい機会を頂きました。また今回は、松原秀樹先生をコーディネーターに、柏木哲夫先生と蛯江紀雄先生の対談も実現 し、「人生の質の保障をめざして〜一人一人の生を尊重する援助〜」というお話を拝聴しました。また、新しい試みとして、実 践研究に対するスーパービジョンの過程を公開するという企画発表も設けました。講習会では、蛯江紀雄先生に「福祉の援助観」、 伊藤孝子先生に「子どもを対象とした音楽療法における音・音楽の使い方」、甲谷至先生に「歌うことが口腔ケアになる」とい うテーマでお話を頂きました。
開催に際しましてご協力を頂きました関係各位に御礼申し上げます。
第15回支部講習会は、11月8日(日)、山口県周南市周南文化会館にて開催します。後藤力先生に理学療法、藤原大輝先生 に心理療法概論、三輪宣彦先生にオルフ音楽教育についてご講演いただきます。
皆様のご参加をお待ちいたしております。
ニュースレター19号は10月に発行予定です。
支部ホームページもどうぞごらんください。
四国支部 -近況-
事務局長 三崎めぐみ

今年も秋祭りの季節になり、裏の神社からも鐘と太鼓の音が聞こえてきます。ここ四国支部も8年に一度の大祭り、第9回日 本音楽療法学会学術大会が松山で開催されました。神輿の上で阿波踊りしてたのは板東浩、神輿をかついでたのは前が藤井澄子、 後ろは稲浦調、あとのメンバーもみんなでささえて9月11日を迎えました。心配した台風、インフルエンザの影響も受けず、3 日間はのべ6千人で賑わい、特に日野原理事長の基調講演は、3千人の観客で満席。遠くから海をわたって来てくださった皆様、 ありがとう。四国内の皆様もありがとう。お越しくださった方々のことは忘れません。来年またお会いしましょう、神戸で。
九州・沖縄支部 -近況-
支部広報役員 池田憲冶

2009年7月5日(日曜日) 熊本の『崇城大学市民ホール』にて、若尾裕先生をお招きし九州・沖縄支部講習会が開催されまし た。若尾先生自身今回のテーマである『音楽学と音楽療法』について、音楽療法関係者へお話をするのは始めてという事でした。 参加された皆様も新鮮な内容であったのではないでしょうか。
開始前に若尾先生のピアノ演奏で包まれた会場は、心地よく穏やかな雰囲気でした。講習会が開始されると、聞く側にもレベ ルが要求されるような内容でしたが、参加者は真剣な眼差しで聴き入っていました。その姿に、今後の音楽療法への期待感を感 じることが出来ました。
講習会終了後、「また、若尾先生を講師に招いて第2弾を計画してほしい。」とたくさんの声を聞くことが出来ました。支部の 教育担当の齋藤考由先生からも「ぜひ、この続きを。」との話がありましたので、期待したいと思います。
※発行日の関係で文中各支部近況の日にちが終了しているものがありますのでご了承下さい。
▲このページのトップへ
5/6
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。