日本音楽療法学会
第19号 日本音楽療法学会ニュース
第19号INDEXへ戻る
国家資格化について
国家資格化の働きかけについて
国家資格推進委員会

会員の皆様には国家資格化の推進についてご協力をいただきましてありがとうございます。日本音楽療法学会は従来から音楽 療法士の国家資格化について、当委員会を中心に関係方面に働きかけをしておりますが、今般、民主党の小沢一郎幹事長と高嶋 良充筆頭副幹事長に、音楽療法の「有用性、必要性および専門性」を述べた国家資格化の要望書を提出しました。(2010年1月 13日、於国会内民主党幹事長室)

つづいて日野原重明理事長、村井靖児副理事長(国家資格推進委員長) と越智和雄事務局長が厚生労働省の大臣室で長妻昭大 臣に面会(写真参照、2010年1月20日) して、同様の要望書を提出し、立法化への取り組みを請願したことをこの紙面を借りて ご報告します。

今後とも国家資格の実現に向けて鋭意努力して参りますので、皆様の一層のご支援をお願い申し上げます。
写真
▲このページのトップへ
2/7
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。