日本音楽療法学会
第29号 日本音楽療法学会ニュース
第29号INDEXへ戻る
学会事務局からのお知らせ
■ 第16回日本音楽療法学会学術大会開催のお知らせ
●日 時:2016年9月16日・17日・18日
●会 場:仙台国際センター
●大会長:山 仁、実行委員長:須佐 凉子、事務局長:渡邊 惠里
●大会テーマ:未定
※大会案内は順次お知らせします。
■ 2015年度研修・講習会開催のお知らせ
●日時:2016年2月20日(土)・21日(日)
●会場:日本教育会館(東京都千代田区)
※詳細は次号でお知らせします。
■ 2015年度資格審査のお知らせ
●日 時:2016年3月12日(土)、13日(日)
●会 場:東邦音楽大学川越キャンパス
●受験申請受付:2016年1月29日〜2月12日(最終日必着)
●書類審査結果:2016年2月下旬頃通知
※合格者には実技を含む面接試験の案内が同封されます
●最終審査結果:2016年3月末日
●2015年度に認定申請ができるのは、次のいずれかに該当する方に限定されます。
  1. 音楽療法士(補)の資格(合格年度に関わらず)を有する方
  2. 日本国外の音楽療法士資格を有し、日本において主セラピストとして1年以上の音楽療法の臨床経験がある方
  3. 日本音楽療法学会認定音楽療法士の資格を失効し、再度同資格の取得を希望する方
●「日本音楽療法学会音楽療法士認定規則(面接試験)」を取り寄せて申請してください。取り寄せ方法については、「各種資料取り寄せ方法」をご覧ください。
●実技試験での使用楽器は、会場に設置してあるグランドピアノ、または受験者が持参したギターに限定されます。課題曲は次号でお知らせします。
■ 2015年度資格更新審査のお知らせ
●対象者:第5回、第10回、第15回の認定者
●申請受付期間:2015年10月14日〜10月30日(最終日必着)
●最終審査結果:2016年2月初旬頃通知 
※猶予を申請される方も受付期間に申請してください
●対象となっておられる方は事務局よりお送りします申請書類(資格更新規則/同細則の日本音楽療法学会版)にて申請してください。また、申請書(資格更新規則/同細則)を紛失された方は「各種資料取り寄せ方法」をご覧の上お取り寄せください。

※ 資格審査、更新審査時に提出される証明書類は現物とコピーの両方となっておりますのでご注意ください。現物は返却しますので、必要な切手を貼り宛先を書いた指定の大きさの封筒を同送してください。切手の額については重量によって異なりますので郵便局にてご確認ください。なお、簡易書留郵便にて返却しますので通常料金に310円加算して切手を貼付してください。
■ 映画「パーソナルソング」DVD 頒布のお知らせ
先般公開され話題となりました音楽療法関連の表記映画のDVD が発売となりました。学会割引き価格で頒布しますので、購入希望の方は「各種資料取り寄せ方法」をご覧の上お取り寄せください。
頒布価格1枚3,000円(税込、送料込)(参考売価4,104円、税込)
■ 学会ホームページからの規則書閲覧について
学会ホームページにて各規則書の抜粋版を閲覧いただくことができます。
こちらからダウンロードしてください。
■ 会費(年会費) 納入のお願い
2015年度新年度が始まりました。年会費は別便でお送りする専用の振替用紙にて早めにお納めいただきますようお願いします。

正会員 10,000円
学生会員 6,000円
購読会員 6,000円
賛助会員 50,000円/1口

振込先 郵便振替口座
○加入者名:日本音楽療法学会
○口座番号:00120-9-657711
■ 第14回認定音楽療法士(補)試験問題解説集の発行について
2011年に発表された「カリキュラムガイドライン'11」適用の音楽療法コース既卒者、卒業見込み者および新認定制度における必修講習会の受講者を対象に、2015年1月18日に第14回(補)認定試験を実施しました。2015年7月頃、この試験問題の解答と解説集が発行されます。第14回(補)認定試験受験者の方には事務局からお送りしますが、それ以外で購入を希望される方は「各種資料取り寄せ方法」をご覧の上お取り寄せください。
■ カリキュラムガイドライン'11の取り寄せについて
会員の方は「カリキュラムガイドライン'11請求」として事務局へお申し込みください。会員外の方は、120円切手を貼付した返信用封筒(B5サイズ、宛名明記)を同封の上お申し込みください。
■ 「抄録の書き方」のご購入について
研修・講習委員会編纂による「抄録の書き方(わかりやすい学会発表をするために)」が発行されています。(B5版76ページ、2006年8月23日発行)購入を希望される方は「各種資料取り寄せ方法」をご覧の上お取り寄せください。
■ 〈 DVD「音楽のちから2012」〜音楽療法が拓く可能性〜〉のご購入について
15分間の音楽療法の啓発DVD が発売されています。購入を希望される方は「各種資料取り寄せ方法」をご覧の上お取り寄せください。(一般の方に視聴していただくのに最適です。)
■ 学会誌バックナンバーのご購入について
日本音楽療法学会、日本バイオミュージック学会および臨床音楽療法協会の学会誌バックナンバーの購入につきましては、学会事務局では取り扱っておりませんので下記へお問い合わせください。
〒113−0033 東京都文京区本郷1−28−21 アカデミア・ミュージック株式会社
TEL:03−3813−6751 FAX:03−3818−4634
■ 各種資料取り寄せ方法
各種資料のお取り寄せを希望される方は、郵便局にて料金分の定額為替をご購入いただき、希望資料の内容を明記した封筒(例.規則書一般コース 請求)に同封の上、学会事務局までお送りください。その際、お送りいただく為替には「なまえ」など何も記入しないでください。返信用封筒は不要です。
資料 金額(送料込)
認定音楽療法士(補)
問題解説集
2001〜2014年度単年度版
※希望年度を明記してください
各1,000円
2001〜2005年度、2006〜2010年度
5カ年分合冊版
※希望年度を明記してください
各2,000円
規則書 一般コース 500円
面接試験 500円
資格更新/資格更新規則細則 500円
その他 抄録の書き方 1,000円
DVD「音楽のちから2012」
〜音楽療法が拓く可能性
1,000円
DVD「パーソナルソング」 3,000円
■ 事務局への各種お届けについて
●会員区分変更
現在学生会員の方で教育機関を卒業された方は、正会員への会員区分の変更が必要です。事務局まで文書にて区分変更の届出をお願いします。書式は自由です。正会員から学生会員へ変更を希望される場合は、学生証のコピーを添付の上、同様に事務局へ届け出てください。
※学生会員の場合は認定申請ができないとともに、研究発表、論文発表もできません。ご注意ください。
※認定をお持ちの方、新認定制度をご受講中の方は正会員であることが必須のため、学生会員への変更はできません。

●住所・名義変更
市町村の合併などを含め住所および連絡先に変更があった会員の方は、事務局まで文書にて変更を届け出てください。書式は自由です。名義変更時も同様にお願いします。
※認定をお持ちの方はローマ字氏名もあわせて明記してください。
※その他事務局への各種お届け方法の詳細についてはこちらをご覧ください。
■ 各種証明書再発行手数料のお知らせ
学会の発行する各種証明書の再発行にはつぎの手数料がかかりますのでご了承ください。手数料分の定額為替(郵便局にて購入)を同封の上、希望の再発行内容を記載し学会事務局へお申し込みください。

●音楽療法士(補)資格証明書、各種講習会受講証明書、学術大会参加証明書など
手数料:500円

●音楽療法士登録証明書、賞状
手数料:2,000円
※記載の住所や名義の変更も含みます。
※3×4 cm の顔写真および、現在お持ちの登録証明書および賞状を同封し、学会事務局までお送りください。
※登録証明書のみ変更の場合も、登録証明書・賞状ともに変更の場合も手数料は一律2,000円です。
※名義変更の場合は、依頼される際にお名前のローマ字氏名を必ず明記してください。
※1ヶ月程度お時間がかかりますのでご了承ください。
■ 音楽療法士求人情報提供のお願い
音楽療法士の求人情報を学会ホームページに掲載しています。有償のものに限定しますが、求人情報を事務局へお寄せください。
掲載期間は3ヶ月です。
なお、求人情報ページは情報を提供するだけのもので、就職の斡旋をするものではありません。
■ お詫びと訂正
つぎの誤りがありましたので、謹んで訂正をさせていただきます。

*2011年度版音楽療法士(補)試験問題解説集 33ページ118問の問題
誤:呼吸運動の中の「呼気」の場面で生じる各部の説明である。
正:呼吸運動の中の「吸気」の場面で生じる各部の説明である。

*音楽療法士(補)問題解説集U(2006〜2010年度合冊版)83ページ 133問の問題と解答
誤:次の記述で、最も適切なものを選べ。  正解:c
正:次の記述で、最も不適切なものを選べ。 正解:a
▲このページのトップへ
6/6  
 
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。