日本音楽療法学会
学術大会・イベント情報
2016年9月1日更新
第15回日本音楽療法学会学術大会
本部事務局メニュー 参加申込みフォーム本部事務局メニュー申込み内容 変更
自主シンポジウムトップツアーメニュー
学術大会参加の事前申込受付は終了致しました。
以降は当日受付となります。
参加をご希望の方は、当日会場にてお申込みください。
トップ  日程  演題募集のお知らせ  学会参加のご案内
宿泊・前日企画  お問い合せ  受付時間・会場、当日参加について
 
日程
  9月16日(金)…学術大会講習会

  9月17日(土)…学術大会1日目・交流会

  9月18日(日)…学術大会2日目・総会

  大会プログラム(PDF 539KB)

1) 講習会のご案内
講習会委員会
講習会は大会とテーマを同じくし、様々な視点から「音楽療法における関係性」について深く学ぶことができるように企画いたしました。第1・2講では「カラダ・ココロ」をキーワードに6名の近接領域の先生方にご専門のお立場からご講義いただきます。第3・4講は180分を一つの枠とし、8名の音楽療法士の先生方に、ご専門の領域について理論的背景から実践・評価までを、テーマを意識しながらお話いただきます。
今回の講習会は、人という存在を学術的な要素として捉えるために、「カラダ・ココロ」と敢えてカタカナ表記といたしました。また、特別企画「東日本大震災を語るT」では、4名の先生方に貴重な体験からお話いただきます。多くの皆様のお申込みを心よりお待ちしております。
第1講 10:30〜12:00
申込番号 テーマ:「カラダから・・・」
1-A A会場
「発達における運動と他の機能との相互作用性」
岩崎 清隆
(NPO法人「ぷねうま群馬」)
1-B B会場
「リハ・コンディショニング〜姿勢と声の関連性とは?〜」
諸橋 勇
(いわてリハビリテーションセンター)
1-C C会場
「ひとと身体、そして脳」
山根 寛
(京都大学大学院)
1-D D会場
「"カラダ"から癒すトラウマ・ケアの理論と実際〜音楽療法との融合の可能性を踏まえて〜」
池埜 聡
(関西学院大学)
1-E E会場
「『カラダを中心に』関係性を考えよう〜アレクサンダー・テクニークの視点から〜」
かわかみ ひろひこ
(アレクサンダー・テクニークの学校)
1-F F会場
「動作と音楽〜不器用な子のリズム運動〜」
飯嶋 正博
(順天堂大学)
特別講義
1-G G会場
「Writing for Academic Purposes」
ロバート・グレイ
(早稲田大学)
第2講 13:00〜14:30
申込番号 テーマ:「ココロから・・・」
2-A A会場
「発達における知的能力とその他の機能との関係性」
岩崎 清隆
(NPO法人「ぷねうま群馬」)
2-B B会場
「心理面の評価と精神症状〜対象を理解する切り口を考える〜」
村林 信行
(心療内科 アーツクリニック大崎)
2-C C会場
「発達障害における感覚性」
滝川 一廣
(学習院大学)
2-D D会場
「"ココロ"から癒すトラウマ・ケアの理論と実際〜マインドフルネスと音楽療法の融合を考える〜」
池埜 聡
(関西学院大学)
2-E E会場
「『ココロを中心に』対人関係を活かす」
大坊 郁夫
(東京未来大学)
2-F F会場
「音楽療法とこころの関わり」
岩永 誠
(広島大学)
第3・4講 14:50〜18:10
申込番号 テーマ:「カラダ・ココロ、そして関係性」
3.4-A A会場
「認知症と音楽療法〜認知症予防音楽療法を中心に〜」
高橋 多喜子
(淑徳大学)
3.4-B B会場
「高齢者領域における音楽での『ヒト』との関わり〜パーソン・センタード・ケアと音楽療法〜」
佐々木 和佳
(東邦音楽短期大学)
3.4-C C会場
「発達につまづきのある子どもの『カラダ』と『ココロ』を動かす〜「音楽の文脈」を活かしてコミュニケーションを育てる〜」
二俣 泉
(東邦音楽大学)
3.4-D D会場
「かかわることと見つめること〜臨床の知をめぐって〜」
生野 里花
(東海大学/野花ひととおんがく研究舎)
3.4-E E会場
「表現その形の中に〜重症心身障がい児の音楽療法〜」
下川 英子
(埼玉療育園)
3.4-F F会場
「精神科の音楽療法〜クライアントとセラピストそれぞれに生じる多様な関係性を中心に〜」
木下 容子
(東京武蔵野病院)
3.4-G G会場
「いのちと共に在る音楽療法士の在り方について考える〜緩和ケアの現場から〜」
米倉 裕子
(くらしき作陽大学)
3.4-H H会場
「精神医学と音楽療法〜理論と事例〜」
馬場 存
(東邦音楽大学)
特別企画 「東日本大震災を語るT」
特別企画「東日本大震災を語るT」は、講習会・大会参加者ともに聴講いただけます。但し、必ず事前予約が必要です。
9月16日(金) 18:30〜20:00
申込番号  
5-A 第一会場
「復興と『つながる力』」
菅野 武
(東北大学病院卒後研修センター助教)
5-B 第二会場
「瓦礫の中にJazz が流れる」
金田 諦應
(傾聴移動喫茶Cafe de Monkマスター)
5-C 第三会場
「福島の子どもたちを日本一元気に!」
菊池 信太郎
(医療法人仁寿会 菊池記念こども保健医学研究所所長)
5-D 第四会場
「東日本大震災後の音楽活動の調査から『音楽の力』について考える」
小塩 さとみ
(宮城教育大学教授)

※上記の講座・講演は各時間帯ごとに自由に選択できます。尚、講習会3・4講は通しでの受講となります。
※上記の内容は変更する場合があります。
※特別企画「東日本大震災を語るT」はポイント対象外です。
 講習会申込状況(8月31日現在)
1-A 1-B 1-C 1-D 1-E 1-F 1-G  
× × ×  
2-A 2-B 2-C 2-D 2-E 2-F    
× ×    
3.4-A 3.4-B 3.4-C 3.4-D 3.4-E 3.4-F 3.4-G 3.4-H
× ×
5-A 5-B 5-C 5-D        
×        
○…余裕有り   △…定員間近   ×…定員に達したため締切
▲このページのトップへ
2) 講演
◆新理事長講演 「音楽療法とはいかなる療法か」
 9月17日(土) 村井靖児

◆大会長講演 「音楽療法における関係性、その変容と方向性を探る」
 9月18日(日) 山 仁(日本音楽療法学会理事、たかやま音楽療法研究所)

◆基調講演 「〈人それぞれ〉と〈皆一緒〉、そして〈 人生〉と〈生命〉」
 9月17日(土) 清水 哲郎(東京大学大学院人文社会系研究科特任教授)

◆特別講演 「歌唱の臨床的有用性 および 世界の音楽療法の現状」
 9月17日(土)  Amy Clements-Cortes(世界音楽療法連盟会長)

◆教育講演 「子守り唄が聴こえる」
 9月18日(日) 赤坂 憲雄(学習院大学教授)
3) 二胡特別コンサート「こころ音」 9月17日(土)
姜 建華(ジャン・ジェンホワ)(北京中央音楽学院教授)
映画「ラストエンペラー」のテーマ演奏者
4) 自主シンポジウム 9月17日(土)・9月18日(日)
詳細につきましてはこちらをご覧下さい。
5) 特別企画 「東日本大震災を語るT」 9月16日(金)
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
6) 特別企画 「東日本大震災を語るU」 9月18日(日)
智田 邦徳(第16回学術大会災害関連委員会委員長)
7) 研究発表 9月17日(土)・9月18日(日)
(1)課題研究発表(口演)
(2)自由研究発表(口演・ポスター)
(3)英語研究発表

詳細につきましてはこちらをご覧下さい。
8) 交流会 9月17日(土) 18:30〜20:00
会 場:仙台国際センター 展示棟1
参加費:5,000円  募集人数:400名
▲このページのトップへ
 
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。