一般社団法人 日本音楽療法学会
学術大会・イベント情報
2018年4月9日更新
第18回日本音楽療法学会学術大会
参加申込み参加内容変更・取消各種発表応募宿泊予約
トップ 日程 参加申込について 演題 ひよこ・ひなどりフォーラム 
自主シンポジウム ミニコンサート 宿泊 お問い合せ 
 
日程
  9月14日(金)…学術大会講習会

  9月15日(土)…学術大会1日目・交流会

  9月16日(日)…学術大会2日目・総会

1) 講習会のご案内
講習会委員会
今回の講習会は、大会テーマに沿い、集団の中にあっても常に「個」を見つめる音楽療法士の姿勢を再考することを主眼としました。音楽療法士の立場から見たセラピストの姿勢、周辺領域の分野の先生方から見たクライエントに対する姿勢、それぞれの分野の講師ご自身のお考えをご教示されることと思います。したがって、「調和」とは音楽的ハーモニーから人間的調和まで、広い意味で語られることでしょう。また、ワークショップにおいては表現ということを中心にお願いいたしました。会員の皆様の関心の高い、かつ実践に役立つものを企画しましたので実り多い時間になると思います。
第1講 10:30〜12:00
申込番号  
A-1
高齢者
地域で育つ音楽療法
(Community Based MusicTherapy :CBMT)
〜その成り立ち、目的、方法、内容など〜
藤本 禮子
(NPO 音楽療法の会武蔵野)
B-1
児童
「音楽の場」における調和する関係性をめざして
〜共同行為の視点から〜
吉村 奈保子
(国際音楽療法専門学院)
C-1
成人
誰もが人生の主人公に
〜地域生活支援の実際から精神障害者福祉を考える〜
西谷 清美
(四国学院大学社会福祉学部)
D-1
その他
感覚のハーモニーを奏でるために
〜感覚統合・スヌーズレンからの学び〜
太田 篤志
(プレイジム)
E-1
ワーク
ショップ
リトミックはなぜ動くのか 北條 郁美
(日本ジャック=ダルクローズ協会(F.I.E.R 日本支部))
第2講 13:00〜14:30
申込番号  
A-2
高齢者
認知症、これだけは知っておきたい 寺田 整司
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学教室)
B-2
児童
子どもの音楽療法の「ネタ」と「コツ」
〜行動の変化を導くために〜
二俣 泉
(昭和音楽大学)
C-2
成人
主体性を活かす音楽・音楽療法の構造
〜得意な表現による音楽創造〜
久保田 牧子
(元 昭和音楽大学)
D-2
その他
人の尊厳とソーシャルワーク 福山 和女
(ルーテル学院大学)
E-2
ワーク
ショップ
身体表現レッスン
〜からだに聴く、感じてひらく〜
カタタ チサト
(DanceBonBon)
第3講 14:50〜16:20
申込番号  
A-3
高齢者
ワークショップ:高齢者音楽療法の実際 加藤 美知子
(ゆうらいふ世田谷/横浜)
B-3
児童
対象者を見つめる音楽療法士の姿勢
〜子どもたちとの心の響き合いを求めて〜
遠山 文吉
(うつのみや音楽療法研究会)
C-3
成人
対象者を見つめる音楽療法士の姿勢
〜精神科において重要なこと〜
阪上 正巳
(国立音楽大学)
D-3
その他
音楽療法に役立ちそうな心とからだの関係についてのお話し 岡田 宏基
(香川大学医学部)
E-3
ワーク
ショップ
言葉の表現について 広瀬 多加代
(劇団R&C)
第4講 16:40〜18:10
申込番号  
A-4
高齢者
地域におけるつながりを求めて 恒吉 和徳
(聖カタリナ大学)
B-4
児童
表出言語をもたない障がい児の音楽療法
〜「自己」の表現へ、響き合いの中で芽ばえる「歌声」をめぐって〜
山 仁
(たかやま音楽療法研究所)
C-4
成人
音楽療法士に必要な精神疾患の基礎知識 吉田 勝明
(医療法人社団哺育会 横浜相原病院)
D-4
その他
音楽療法の人文的視座と臨床現場をつなぐ
〜ある認知症高齢者居住施設の音楽療法の展開を例に〜
生野 里花
(お茶の水女子大学基幹研究院)
E-4
ワーク
ショップ
リズム療法の可能性 冨川 政嗣
(フリーランス音楽家(ドラマー))

※上記の内容は変更する場合があります。詳細は第3次案内でご確認ください。
 講習会申込状況(5月17日17:00現在)
A-1 B-1 C-1 D-1 E-1
× × ×
A-2 B-2 C-2 D-2 E-2
× ×
A-3 B-3 C-3 D-3 E-3
× × × ×
A-4 B-4 C-4 D-4 E-4
× × ×
○…余裕有り   △…定員間近   ×…定員に達したため締切
▲このページのトップへ
2) 講演
◆メモリアルトーク 9月15日(土)
日野原重明先生を偲んで 湯川 れい子(音楽家、日本音楽療法学会理事)

◆記念講演 9月15日(土)
楽興の瞬間(とき)
〜アンサンブルのすばらしさとアンサンブルピアニストのすばらしさ〜
岩崎 淑(ピアニスト)

◆特別講演 9月16日(日)
音楽と脳 〜生命の豊かさと創造性〜  茂木 健一郎(脳科学者)

◆大会長講演 9月16日(日)
音楽で地域を元気に 〜高松国際ピアノコンクールの挑戦〜

佃 昌道(高松大学・高松短期大学学長)
3) ミニコンサート 9月15日(土)
本大会では、ミニコンサートを企画し、演奏者を募集します。
演奏時間は20分以内、ジャンルは問いません。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
4) ひよこ・ひなどりフォーラム 9月15日(土)
音楽療法士を目指す学生および会員のための発表の場です。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
5) 自主シンポジウム 9月15日(土)・9月16日(日)
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
6) 研究発表 9月15日(土)・9月16日(日)
一般発表(口演発表、ポスター発表)
詳細につきましてはこちらをご覧ください。
7) 交流会 9月15日(土)
会場:サンポートホール高松  参加費:5,000円  募集人数:250名
※定員につき受付終了しました。
▲このページのトップへ
 
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは(一社)日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。