日本音楽療法学会
INDEX 学会誌目次
INDEXへ戻る
Vol.9/No.1 2009
■第4回プロジェクト研究論文

臨床即興による相互作用過程の分析― 健常幼児を対象として―
菅田文子
伊藤孝子
岩永誠
p.3
■特集 音楽療法のケーススタディ

音楽的出来事としての音楽療法プロセス:
Nくんの事例を通じて
三宅博子 p.16
言語理解、言語表出の促進を試みた障害児への音楽療法
〜歌いかけの活動の考察〜
中澤恵
伊藤啓子
深野広美
p.27
人生の最後を緩和ケア病棟で過ごした精神発達遅滞のあるがん患者の一事例
〜ウクレレや歌を通し自分の存在意味を見い出したA氏〜
北川美歩
桑名斉
岡安大仁
p.36
視覚障害を伴う重複障害児を対象とした音楽療法の有効性の検討
―外界へ向かう姿勢を育んだ事例に基づく研究―
糟谷由香 p.45
脳卒中片麻痺患者の麻痺側上肢に対する楽器演奏を用いた機能訓練の試み
―多職種との連携を通してADL 向上を図る―
小島寿子
佐藤隼
市川勝
p.59
■原著

パーソナリティ特性と聴取音楽の感情価およびその好みが音楽聴取後の感情状態に及ぼす影響 栗野理恵子
伊藤義美
p.70
■事例研究

メロディック・イントネーション・セラピーにより十分な改善が認められなかった超皮質性運動失語の1例 中野千鶴
阿比留睦美
美原淑子
土屋麻希子
藤本禮子
藤本幹雄
美原盤
p.82
音楽療法における嚥下回数の変化 城森泉
武藤祥子
菊池ゆかり
向窪久美
寳珠山稔
p.88
音楽療法場面における集団活動により吃音が改善した一事例 松田真奈美 p.94
■書評

■書評
『未熟児の音楽療法 エビデンスに基づいた発達促進のためのアプローチ』
加藤美知子 p.100
『音楽と感情の心理学』 栗林文雄 p.102
『自閉症の現象学』 土`野研治 p.104
『シンフォニア・パトグラフィカ−現代音楽の病跡学』 若尾裕 p.105
■常設

博士論文要約募集のお知らせ
  p.106
会則   p.107
役員
  p.109
投稿規定   p.110
著作権の取り扱い「日本音楽療法学会への譲渡」   p.111
編集後記   p.112
機関誌バックナンバーのお求めについて

日本音楽療法学会、日本バイオミュージック学会および臨床音楽療法協会のバックナンバー購入につきましては学会事務局では取り扱っておりませんので下記へお問い合わせください。

アカデミア・ミュージック株式会社
〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-21
TEL: 03-3813-6751 FAX: 03-3818-4634
▲このページのトップへ
 

個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。