一般社団法人 日本音楽療法学会
第14号 日本音楽療法学会ニュース
第14号INDEXへ戻る
日本音楽療法学会研修・講習会のご案内
研修・講習委員会
委員長 加藤美知子

今回の講習会は、音楽療法の臨床における原点に立ち返って、特に初心者・中堅の学会員を対象として企画いたしました。実 践を始めたばかりの人にとっては、はじめのうちはただただ「やる」(doing) ことに意識が集中する時期が続きます。そして、 不安と緊張の毎日の中で、少しずつ見通しがつくようになり、周りを見る余裕が出てきます。一方、実践を何年か続けた後にあ らためて、自分がしていることが果たしてこれでよいのだろうかという、初心者の頃とは違った質の不安や焦燥感を覚える段階 が訪れます。毎日の忙しさ、慣れてきたという感覚とあいまって、大切な基礎をどこかに置き忘れているような感覚です。「や る」だけではなく、音楽療法士としての自分の「あり方」(being) を見つめなおし、自分に栄養を与えリフレッシュすること も、大切な学びのプロセスになるのではないでしょうか。そこで今回は、多くの実践を重ねてこられた音楽療法ひとすじの方達 から、さまざまな視点、考え方、技術、実例などを紹介していただきながら、臨床家に求められることを二日間にわたってじっ くりと学んでいきたいと思います。もちろん、これから実践を始められる方、後進の指導にあたっている方にとっても、有意義 な講習会となることでしょう。

2008年、
月・日
時間 内容 講師・司会
3月1日(土) 12:00 受付開始
 
13:00〜
13:10
開会挨拶
委員長:加藤美知子
13:15〜
15:00
音楽療法概論1 伊藤啓子(昭和音楽大学)
高畑敦子(東邦音楽大学)
15:15〜
16:30
音楽療法概論2 伊藤啓子・高畑敦子
16:40〜
17:00
質疑応答 伊藤啓子・高畑敦子
3月2日(日) 9:00 受付開始  
9:30〜
11:30
音楽療法の基礎:観察のポイント
―児童領域―
遠山文吉(国立音楽大学)
12:45〜
14:45
音楽の使い方
―高齢者領域―
山口潤子(足立老人ケアセンター)
15:00〜
16:30
総括:2日間のまとめ
質疑応答
講師全員
司会:加藤美知子
*講師の都合により変更が生じることがあります。その時は悪しからずご了承ください。

▲このページのトップへ
4/7
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは(一社)日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。